空手で望むこと
 子供達に願うのは、「明るく・楽しく・元気よく」をモットーとして何事にも一生懸命取り組む姿勢ではないでしょうか?空手では常に相手と真剣に向き合うことを一番分かって頂きたいと願っております。その為には、いつも気を張って練習することが、集中力や、技の向上、そして人格の向上に繋がるのではないでしょうか?

子供達に日頃から心掛けてほしいことは、
1.人に迷惑をかけない。(人を巻きこまない)
2.何事も一生懸命取り込むこと。(時間の無駄遣いはしない)
3.プラス思考でいること。(なんでも私は出来ないと思わない)
4.考えて、イメージして、意識して、空手に取り組むこと。
5.計画的にやること。(計画的にやるかやらないかでは差がでます)
6.空手を好きになること。(好きでないと始まらない)
7.命の大切さを知ること。(これが1番)
8.自己主張をすること。(駄目なら駄目とはっきり言える事)
9.感謝の気持ちを忘れないこと。(これ2番、特に保護者に対しての感謝!)
10.自分のことは自分ですること。
11.挨拶が出来ること。


保護者の方へ
 子供に勝負に勝ってもらいたい方、空手に躾を求める方、もっと厳しく叩いてもいいとおっしゃる方、皆様それぞれにいろいろな要望があると思います。しかし、その要望は保護者の要望であって子供の要望ではないかもしれません。皆様には、もう少し子供達を温かい目で見守り、子供と共に、最初と最後の挨拶には出来るだけ参加して頂けたらと思います。
「礼に始まり、礼に終わる」は武道の基本、いえ人としての基本です。
習い事の1つとして空手を学ばせている皆様もいらっしゃると思いますが、ただの習い事ではありません!心の修行の場として、私達と一緒になって皆様も修行して頂けたら幸いです。

かわいい子には旅をさせろ!すべては子供達の為に!そして未来の為に!!

Genkikko TAYORI